リレンザとは、粉を吸引して喉の粘膜から直接的に有効成分を吸収することで、効率的にインフルエンザを予防・治療することが可能となる画期的なお薬です。当サイトでは、このリレンザというお薬について詳しくご紹介してまいります。

インフルエンザで寝込む女性

リレンザとタミフルの価格と効果を比較

寒い時期になると流行するのがインフルエンザですが、インフルエンザの治療薬には種類がいろいろあり、また年齢によっても変わります。

治療薬としてリレンザとタミフルが一般的ですが、この2つには吸入薬と内服薬という大きな違いがあります。
病院によって多少違いはありますが、一般的にリレンザは5歳未満は使用が不可となっています。これは小さい子供は上手に吸入することができないからで、その場合にはタミフルが処方されます。
リレンザは、抗インフルエンザ治療薬として世界で初めて販売された吸入型の薬です。
それまでインフルエンザの治療としては、対症療法しかなく、症状に応じて解熱剤などを処方するしか方法はありませんでした。
リレンザは、吸入型であるため、水が必要なく手軽に飲め、喉から肺にかけての気管に直接作用するため、即効性があります。またタミフルにみられる脳症や異常行動といったリスクも低いというメリットがあります。

一方タミフルは、経口投与型のインフルエンザ治療薬で、飲み薬であるため体全体に成分が行きわたり、ウイルスの増加を防ぐというメリットがあります。ただ成分が全身に作用し呼吸抑制や低酵素血症などの疾患を引き起こしやすくするため、高齢者や妊婦、心疾患などの患者が服用する場合には、リスクが高くというデメリットがあります。
こういったハイリスクな患者がタミフルを服用すると、死亡率が5倍に上るため、十分に注意が必要となります。

リレンザもタミフルもウイルスを殺す効果はないので、インフルエンザの症状を発症後48時間以内に服用する必要があります。
価格はどちらもほぼ同じですから、自分にあった方を処方してもらうとよいでしょう。